コラム三村のコラム案件レポート

【案件レポート/三村のコラム】鉄工所を事業譲渡した成約案件のご紹介

先日、鉄工所の譲渡案件がクロージングを迎え、事業譲渡が完了しました。
本件に着手したのは2019年11月下旬でしたので、成約(クロージング)まで約4カ月掛かりました。

売主様は、本業である設備工事業に集中するため、鉄工所を売却したいとお考えでした。
一方、買主様は、機械製造・メンテナンスなどを行っており、外注費のかさむ鉄工所での作業を内製化するため、近隣で鉄工所の買収をお考えでした。

今回は、鉄工所が本業と同一会社で営まれていたため、鉄工所(土地、建物、設備一式、溶接工数名の移籍を含む)を事業譲渡契約によって売却しました。
なお、弊社は売主様と買主様の仲介を務めました。

この記事の執筆者

三村 尚(情報開発部長 M&Aシニアエキスパート)

横浜国立大学卒。金融機関(法人営業)、調査会社(調査、営業)を経て、2012年から現職。多種多様な業種において、延べ2,000社の企業評価を実施。中小零細企業の後継者不在案件を中心に50件超のM&Aを支援。