中四国の事業承継・M&Aならみどり未来パートナーズ|東京・香川・岡山

デューデリジェンス

デューデリジェンス

M&Aのプロが行う買収監査(デューデリジェンス、DD)

みどり未来パートナーズが行うM&Aデューデリジェンスは、これまでの成約実績を活かし財務面だけではなく、簡易な法務面/労務面/ビジネス・事業環境面に及ぶ内容を含んだ監査を行い、M&A後に想定されるM&A取引に特有のリスクを洗い出します。

デューデリジェンスの流れ

着手から報告書納品まで1~2か月程度

着手~現地調査までの準備

2~3週間程度

現地調査

訪問先1か所で半日~1日
最長でも2日まで

現地調査~報告書納品

2週間程度

着手~現地調査までの準備(2~3週間程度)

①依頼者(買い手企業)とデューデリジェンス業務委託契約

②対象会社(売り手企業)の業種などに合わせてQAシートを作成し、メールにてQAシートおよび資料を数度やり取り

現地調査(訪問先1か所で半日~1日、最長でも2日まで)

③現地調査(対象会社に訪問して資産確認、資料確認などの実査作業、対象会社経営陣へのインタビュー)

現地調査~報告書納品(2週間程度)

④報告書を作成し、依頼者(買い手企業)に納品

デューデリジェンスの費用

150万円~(税別)
対象会社の売上高1~10億円程度、現地調査は訪問1か所を想定しています。費用は売上規模、社員数、拠点数によって変動します。

M&Aデューデリジェンスに関するよくある質問

売り手企業の財務資料は全て取得済みでもデューデリジェンスを実施しなければならないのでしょうか?

資料が本当に正しいか現物と合っているかなどを確認する作業がデューデリジェンスです。
実際にデューデリジェンスを実施した際に粉飾決算や不正経理(横領など)、土壌汚染、法令違反、労災事故、労働時間超過、係争事案が発覚したケースもありますので、M&A取引前の最終確認の意味で実施をおすすめします。

顧問税理士(買い手企業)にデューデリジェンスを依頼しても良いのでしょうか?

M&Aのデューデリジェンス経験が豊富な税理士であれば、顧問税理士による実施で良いと思います。
ただ、監査と税務は内容が全く違うため、デューデリジェンス(買収監査)を実施できる税理士は稀です。
加えてM&Aに関するデューデリジェンスを複数経験している税理士は更に少ないため、M&Aデューデリジェンスに慣れた専門家に任せることが必要と考えます。

対象会社(売り手企業)の一般社員に気付かれないように実施することは可能でしょうか?

事前に対象会社の一般社員の勤務状況などをお聞きして、平日の業務後や休業日に実施することで一般社員に気付かれないように実施することが可能です。

M&Aのプロが行う買収監査(デューデリジェンス、DD)

みどり未来パートナーズが行うM&Aデューデリジェンスは、これまでの成約実績を活かし財務面だけではなく、簡易な法務面/労務面/ビジネス・事業環境面に及ぶ内容を含んだ監査を行い、M&A後に想定されるM&A取引に特有のリスクを洗い出します。

デューデリジェンスの流れ

着手~報告書納品まで1~2か月程度

アンケートシートの無料アイコン着手~現地調査までの準備
(2~3週間程度)

現地調査
(訪問先1か所で半日~1日、最長でも2日まで)

現地調査~報告書納品
(2週間程度)

着手~現地調査までの準備(2~3週間程度)

①依頼者(買い手企業)とデューデリジェンス業務委託契約

​②対象会社(売り手企業)の業種などに合わせてQAシートを作成し、メールにてQAシートおよび資料を数度やり取り

現地調査(訪問先1か所で半日~1日、最長でも2日まで)​

③現地調査(対象会社に訪問して資産確認、資料確認などの実査作業、対象会社経営陣へのインタビュー)

現地調査~報告書納品(2週間程度)

④報告書を作成し、依頼者(買い手企業)に納品

デューデリジェンスの費用

150万円~(税別)
対象会社の売上高1~10億円程度、現地調査は訪問1か所を想定しています。費用は売上規模、社員数、拠点数によって変動します。

M&Aデューデリジェンスに関する
よくある質問

売り手企業の財務資料は全て取得済みでもデューデリジェンスを実施しなければならないのでしょうか?​

資料が本当に正しいか現物と合っているかなどを確認する作業がデューデリジェンスです。
実際にデューデリジェンスを実施した際に粉飾決算や不正経理(横領など)、土壌汚染、法令違反、労災事故、労働時間超過、係争事案が発覚したケースもありますので、M&A取引前の最終確認の意味で実施をおすすめします。

顧問税理士(買い手企業)にデューデリジェンスを依頼しても良いのでしょうか?​

M&Aのデューデリジェンス経験が豊富な税理士であれば、顧問税理士による実施で良いと思います。
ただ、監査と税務は内容が全く違うため、デューデリジェンス(買収監査)を実施できる税理士は稀です。
加えてM&Aに関するデューデリジェンスを複数経験している税理士は更に少ないため、M&Aデューデリジェンスに慣れた専門家に任せることが必要と考えます。

対象会社(売り手企業)の一般社員に気付かれないように実施することは可能でしょうか?​​

事前に対象会社の一般社員の勤務状況などをお聞きして、平日の業務後や休業日に実施することで一般社員に気付かれないように実施することが可能です。

M&Aに関するご相談はこちらから

  • お電話

問合せお電話は以下のボタンからできます。

  • 無料Web面談

Web面談は以下のフォームよりご予約ください。

  • お問い合わせ
    フォーム

以下のフォームよりお問い合わせください。

  • M&Aに関するQ&A

M&Aに関するよくあるご質問・ご相談はこちら

株式会社みどり未来パートナーズ