コラム新川のコラム案件レポート

土木工事業×管工事業 株式譲渡案件成約のご紹介【案件レポート/新川のコラム】

投稿日:2021年5月19日(水曜日)

先日、管工事業を営む譲渡企業様がクロージングを迎え、株式譲渡が成立しました。

本件の着手は2021年の年初で、売主様との御相談、ご契約から実質「4カ月」での
M&A成立となりました。

私のこれまでの経験の中で、最もスピードの速い成約事例です。

売主様の企業は、“実質債務超過”になっていて、現金が十分になく、金融機関の借入金の
返済が滞っている状態でした。

そのため、資金繰りに悩まれる中で、現状を変えるには自社の努力では限界があり、
M&Aをご決断された次第です。

今回の買主様は、近隣エリアで土木工事業を営まれている企業様で、お話しをしたところ
すぐにM&Aをご決断頂きました。

ご決断頂けた理由は、売主様が近隣エリアであり、相乗効果が見込めるとともに、
売主様ご自身の「お人柄」を買主様が非常に高く評価されていたためです。

売主様、買主様を交えた買収監査、契約の席では、買主様より売主様の体調を気遣うお言葉があり、
売主様の目に涙が浮かんでいたことが印象的でした。

今回のM&Aで売主様は借入金のプレッシャーから解放され、心強いパートナーが出来ただけでなく、
売主様の給与も譲渡前より上がるという奇跡を感じるM&Aとなりました。

M&Aの運命の糸をたぐり寄せるお手伝いが出来、非常にうれしく思います。
このようなご縁をつなぐことが出来、本当にアドバイザー冥利につきると感じました。

前回のM&Aと同様、弊社のスローガンであるM&Aの”成約”よりも”成功”を、再度実感しています。

なお、今回、弊社は売主様と買主様の仲介を務めさせて頂きました。

先日、管工事業を営む譲渡企業様がクロージングを迎え、株式譲渡が成立しました。

本件の着手は2021年の年初で、売主様との御相談、ご契約から実質「4カ月」でのM&A成立となりました。

私のこれまでの経験の中で、最もスピードの速い成約事例です。

売主様の企業は、“実質債務超過”になっていて現金が十分になく、金融機関の借入金の返済が滞っている状態でした。

そのため、資金繰りに悩まれる中で、現状を変えるには自社の努力では限界があり、M&Aをご決断された次第です。

今回の買主様は近隣エリアで土木工事業を営まれている企業様で、お話しをしたところすぐにM&Aをご決断頂きました。

ご決断頂けた理由は、売主様が近隣エリアであり、相乗効果が見込めるとともに、売主様ご自身の「お人柄」を買主様が非常に高く評価されていたためです。

売主様、買主様を交えた買収監査、契約の席では、買主様より売主様の体調を気遣うお言葉があり、売主様の目に涙が浮かんでいたことが印象的でした。

今回のM&Aで売主様は借入金のプレッシャーから解放され、心強いパートナーが出来ただけでなく、売主様の給与も譲渡前より上がるという奇跡を感じるM&Aとなりました。

M&Aの運命の糸をたぐり寄せるお手伝いが出来、非常にうれしく思います。
このようなご縁をつなぐことが出来、本当にアドバイザー冥利につきると感じました。

前回のM&Aと同様、弊社のスローガンであるM&Aの”成約”よりも”成功”を、再度実感しています。

なお、今回、弊社は売主様と買主様の仲介を務めさせて頂きました。

この記事の執筆者

新川 功雄(M&Aシニアエキスパート)

早稲田大学卒。大手サービス会社、マーケティング会社、外資系企業に勤務。赤字債務超過の中小企業を経営し、黒字企業に立て直した後、自身の会社を事業譲渡して、2016年から現職。首都圏への進出、上場企業のM&A支援等を経験。

メルマガ登録

M&Aの事例、M&Aが成功するための知識、最新経営情報などについて弊社コンサルタントが執筆したコラムの新着情報や、新サービスのご案内など、経営者の皆様にお役立ちの情報をお届けします。
※配信は月に1回程度、いつでも配信解除できます。

関連サービス
合わせて読みたいコラム

人材派遣業×業務請負業 株式譲渡案件成約のご紹介【案件レポート/新川のコラム】

コロナ禍を経たM&A取引で気を付けること~売り手(譲渡企業)編~【最近の話題/三村のコラム】

これで成功!M&Aの事前準備②(ビフォーM&A)!【M&Aの知識/新川のコラム】